電話移設、電話工事、事務所移移転、引越し、レイアウト変更、電話移動
中古ビジネスホン・電話工事のビジネスフォン・ホンポ

ビジネスホン電話障害対応

ビジネスフォン・ホンポお問い合せ ビジスフォン・ホンポサイトマップ
ビジネスフォン・ホンポお問い合せフォーム
ビジネスホン用語集 
よくある質問
 CONTENTS 電話移転工事(移転・引越) [電話移設工事(レイアウト変更)] 電話増設工事 電話新設工事(独立・開業) 電話工事価格
ビジネスホンNEWS経費削減の王様!携帯電話通話料金が0円!?
〔独立・開業パック〕オフィス家具+ビジネスホン+複合機(FAX/コピー)がセットで激安!!リースもOK
 

電話工事(設置・設定)
対応可能地域

北海道
東北
青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
関東
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨
信越
新潟・長野
北陸
富山・福井・石川
東海
静岡・愛知・岐阜・三重
近畿
大阪・兵庫・京都・岐阜・奈良・和歌山
中国
鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国
香川・愛媛・高知・徳島
九州
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
沖縄
 

電話・ネットワーク障害対応

ビジネスホンの障害トラブルシューティング

 ビジネスホン(業務用多機能電話システム)の障害は、「配線や電源が抜けているだけ」など、自分で対応できる場合もあります。よくあるトラブルの原因を把握することで無駄な工事費の削減にもつながりますので、まずは下記事項をご確認下さい。

【注意】

こちらで紹介している障害に関する対処方法は、一般的なものであり障害が解消されることを保証するものではありません。また、場合によっては障害を悪化させてしまうケースもありますので、自己責任にて行うようにしてください。自信のない場合には、直接ご相談下さい。

障害症状による対処法

電話の通話音声に「雑音が入る」

 特定の電話機のみで「雑音が入る」場合には、カールコードが原因の可能性があります。

 まず、カールコードの線がきちんと受話器と電話機本体にささっているか確認して下さい。(抜き差しを行うことで直る場合もあります。)

ビジネスホンのハンドセット(受話器)とカールコード 同じ電話機が複数ある場合、「正常な電話機」と「カールコード」だけを交換するチェック方法が有効です。この方法で正常に使えるようになった場合、カールコードが原因と考えられます。カールコードの買い換えをご検討下さい。

 同様にハンドセット(受話器)のみの交換で、ノイズ障害が直った場合、ハンドセット(受話器)の故障のおそれがあります。

 いずれの方法でも、「雑音が入る」場合には、電話機への配線障害(断線や劣化)が考えられますので、その際にはご相談下さい

ページのトップへ

IP電話が使用できない

 まず、インターネットが使用できるかどうか確認して下さい。

  • インターネットが使用できているのにIP電話が使用できない場合
     IP電話はインターネットと同じ回線を使用しているため、Eメールやインターネットが使用できているのにIP電話が使用できない場合には、音声変換機器「VoIPルーター」の誤動作の可能性が考えられます。
     対処法としては、「VoIPルーター」のオフ/オン(電源を一度落とし再度立ち上げなおしてみること)をしてください。その際、ランプ表示により状態確認もできます。

    一般的な「ルーター」のランプ表示とその意味 ルーター
    • POWER
      正常は緑に点灯。消灯の場合電源抜けの可能性があるので、まずACアダプターを確認して下さい。
    • DIAG
      正常は消灯しています。緑ランプは起動中です。赤く点灯していた場合電力不足などの可能性があります。その場合は別のコンセントから電気をとってみて下さい。
    • WAN
      正常時は緑に点灯。消灯していた場合ONU,CTU,モデムのいづれかのケーブルの抜け、または接触不良の可能性があります。
    • LAN
      正常時は緑に点灯。消灯していた場合は、 ルーターよりパソコン側にあるHUBなどの機器を確かめてください。ケーブル抜け、または接触不良の可能性があります。
     このほか、ビジネスホンを利用されている場合には、主装置のオフ/オンが必要な場合もあります。
    ※主装置には触ってはいけないボタンがある場合もございますので、メーカーや販売会社等によく確認をしてからお試し下さい。

  • インターネットもIP電話も使用不可な場合
     「VoIPルーターの誤動作」、または「プロバイダーやNTTの障害」の可能性があります。
     一度「モデム」や「ONU」、「CTU」などの機器を見直しコンセント抜け、ケーブル抜けがないか確認して下さい。各機器のオフ/オン(電源を一度落とし再度立ち上げなおしてみること)が有効な場合もございます。

ページのトップへ

電話機が1台使用できない

 ビジネスホンを利用中で電話機一台のみが使用できない場合、「電話機の故障」または該当電話機への「配線の断線」や「接触不良」が考えられます。

 接触不良の場合には、モジュラージャック(電話機の後ろに繋がっている線で、通常TELとかかれたジャックに接続されています)の抜き差しで一時的に復旧する場合がありますのでお試し下さい。

 それでも復旧しない場合、つぎの方法で、「電話機の故障」か「電話配線の不良」か切り分けることができます。

 切り分けの方法としては、「使用できている電話機」をとり外し、「使用できない電話機」と入れ替えてみることです。使用できなかった場所に、使用できていた電話機を接続しても、障害が直らない(使用できない)なら、電話機への配線が原因と考えられます。反対のケースでは、電話機が故障している可能性があります。

 なお、電話機すべてが使用できない場合、NTTなどの電話回線の障害の可能性がありますので、まず電話会社へご確認下さい。

【電話会社の障害対応窓口】

  • NTTの場合 : 113
  • ソフトバンクテレコムの場合 :113
    (ソフトバンク回線からのみ「113」にて対応。その他の回線からは下記の通り)
     【東日本地域】            : 0088-240-113
     【東海地域】             : 0088-241-113
     【関西地域】             : 0088-242-113
     【中国・四国・九州・沖縄地域】  : 0088-250-113

【補足】

 電話配線の断線の原因は自然劣化のほか、カーペットの下などで机やテーブルなど重いものに踏まれた場合や、レイアウト変更などでひっかけて引っ張ってしまった場合、水に浸ってしまっての腐食などさまざまなケースがあります。いずれにしても、断線の場合には、配線の張り替えが必要となりますので、お気軽にお問い合せ下さい。

ページのトップへ

子機(コードレスホン)が使用できない

 子機(コードレス型電話機)が使用できない場合、まず、充電がきちんとされているかご確認下さい。

※普段あまり使用していない場合でも、充電しないと自然放電してしまっているケースがあります。

 子機の場合にも電源のオフ/オンが有効な場合がありますので、電源を一度切ってから再度オンにしてみて下さい。(電源ボタンは長押ししないと電源が切れない機種もあります。)

 さらに確実にリセットするためには、バッテリーパックの抜き差しをしてみてください。抜き差し後には充電をし、充電が完了したら再度確認してみて下さい。(通常バッテリーパックはコードレスの背面などにあります。)

【補足】

コードレスのバッテリーは、環境や使用頻度により劣化状況が異なります。あまり使用していなくても、2年程度の使用で消耗しきってしまい、交換しなければならないケースもございます。

 

ページのトップへ

着信音が鳴らない

 着信音が鳴らない、もしくは音量が小さい場合には、電話機の故障が原因のほか、誤操作等により着信音の音量設定が変わっているケースがあります。

 まず、着信音が小さくなっていないか確認して下さい。コードレス子機の場合など、マナーモードになっているケースもあります。

ページのトップへ

ひかり回線の電話が使用できない

 NTTなど電話会社の障害対応にて回線に問題がないと判断された場合、建物内部の機器や配線に問題がある場合があります。機器の不具合(フリーズなど)は各機器のオフ→オンで復旧する場合があります。

 電話障害対応の場合の機器のオフ/オンには順番があります。

まず、つぎの順序で機器を「OFF」にしてください。

【OFF手順】 主装置→Voipアダプタ→(CTU)→ONU

すべての機器をOFFにした後、2〜3分の間隔をあけて、つぎの順番(つまりは逆方向)に機器を「ON」にしてください。

【ON手順】  ONU→CTU→Voipアダプタ→主装置

 

※主装置には触ってはいけないボタンがある場合もございますので、メーカーや販売会社等によく確認をしてからお試し下さい。

ページのトップへ

IP電話にノイズが入る

 IP電話はインターネットなどのデータ回線を使用しているため、通信速度が遅いとノイズが入る場合があります。ADSLから光ファーバーへ切りかえるなど、回線速度を早くすることでノイズ障害が解消される場合もございます。

ページのトップへ

 

電話障害対応の参考料金

基本派遣費: 9,000円  
障害対応した場合の費用: 12,000円 から

※障害復旧に関する料金は、派遣費と部材費、技術料などになります。

※基本的に部材費や技術料などは障害が復旧できなかった場合発生しませんが、復旧の成否に関わらず基本派遣費は発生する場合がございます。また、離島などの地域や環境によっては基本派遣費が変動する場合がございますので、予めご確認下さい。

ページのトップへ

 

お申し込み・お問合わせは 
TEL:03-5206-8685

またはメールフォームもしくは info@bs-network.co.jp まで
※受付時間:平日9:00〜17:00 メールは年中無休です

 
ビジネスホン・電話工事のお問合せ ビジネスホン・電話工事のお問合せはこちら

電話工事(移転・移設・増設・新設)、LANネットワーク工事

セット割引価格例(3台以上)

  • 電話機3台(移設・移転) → 27,000円〜
  • 電話機5台(移設・移転) → 45,000円〜
  • 電話機10台(移設・移転) → 80,000円〜

電話工事の価格は「基本料金(派遣費)」+「作業費」の合計となります。

●NTTの手続き、無料※

新規回線敷設、回線移転、回線増設、回線種別変更、名義変更、マイライン申し込みなどの手配を無料で代行いたします。

●FAX配線工事、無料※
●LAN工事、特別価格※
●材料・諸経費込の安心価格

(FAX配線、インターネット回線等)材料費・諸経費込みで、追加料金はありません。

 

※電話工事と同時の場合

 

>>電話工事料金についてはこちら

中古ビジネスフォンと新品ビジネスフォンの違いは?


機能は変りません。

詳細 >> ビジネスホンよくある質問

ダイヤルインとは?


電話機ごとに個別の電話番号を設定し各電話機を直接呼び出せるようにするサービスです。

詳細 >> ビジネスホン用語辞典


Copyright © BusinessPhoneHonpo Allrights Reserved