家庭用電話機とビジネスホン(会社用)との違い

複数の回線を上手に使い分けできるのがビジネスホン。
ビジネスホン(ビジネスフォン)とは、複数の回線を収容(まとめること)ができる業務用電話のシステムです。ビジネスホンは複数台の電話機(多機能電話機)と主装置の組み合わせによるシステムで、ひかり電話やISDN回線、アナログ回線など多回線を同時に収容でき、ドアホンやFAXなどもシステムに組み込むことができます。 代表組み(※)やダイヤルインなどを利用して、一般電話のように電話機の台数分だけ電話回線が必要になることもなくコストの削減ができます。  

ビジネスホンの5大機能

(1)発信:外部へ電話をかけることができる (2)着信:外部からの電話の応答ができる (3)保留・転送:外部との通話を保留しほかの電話へ転送できる (4)内線:内部の電話同士で通話ができる (5)代表組:代表番号で複数の電話機を利用できる  
※代表組みとは 複数の契約回線でグループを組み、あらかじめ設定した代表番号(親番号)に着信があった場合、そのグループから空いている回線を選んで着信するしくみ。代表電話番号に同時に複数の着信があっても、グループ内のそれぞれの電話機で対応ができます。
そのほか、構内放送がわりの内線一斉呼出しや3者通話機能、短縮ダイヤル機能、留守録機能などもあり、アナログ回線、ADSL回線、ISDN回線、ひかり電話、IP電話などさまざまな通信形態に対応しているのがビジネスホンです。 一般的に企業のビジネス業務に利用されるためビジネスホン(ビジネスフォン)とよばれています。

ページのトップへ

ビジネスホンのさまざまな機能

ビジネスホン(ビジネスフォン)の機種によって違いはありますが主に次のような機能があります
転送機能/保留/短縮ダイアル/再ダイヤル/ハンズフリー/3者通話/スピーカー放送/発信・着信履歴/電話帳機能/ナンバーディスプレイ/ネームディスプレイ/iナンバー/ダイヤルイン/擬似話中返し/鳴り分け着信/迷惑電話対応機能/通話録音
そのほかコードレス電話機や、テレビ電話機能、パソコンとの連動で顧客対応ができるCTI接続、ドアホンやネットワークカメラとの連携など

お問い合わせ、ご相談

 

お問い合わせ、ご相談は下記のフォーム、またはお電話にて

TEL:03-5206-8685

会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
メッセージ本文必須